こんな工事の計画はございませんか?
  • 交通量が多い道路の廃止埋設管等の処理
  • 鉄道線路を横断している不要管渠等の埋め殺し処置
  • 河川堤防を貫通している不要管渠等の埋め殺し処置
  • 防空壕等の地下空洞の埋め戻し
  • 洗掘、吸出し等により生じた、構造物背面空洞の処置

不要管渠への確実な充填工事なら『セルクリート』にお任せください!

セルクリート工法は、これまでの『エアーモルタル』や『エアーミルク』などによる注入充填工事の欠点を改良した、画期的な注入充填工法です。

セルクリート工法とは

『セルクリート工法』とは

発泡モルタルを使用した従来からの注入充填工法として、エアモルタル工法、エアミルク工法がありますが、材料分離を起こしやすく水に対して脆弱なため、滞留水のある空隙の充填、長距離の圧送等の施工は困難とされてきました。

これらを解決するために、枯紙破砕物を原料としたリサイクル繊維物質混和材(製品名セルクリート)を配合することにより、材料分離が非常に少なく、水中での材料拡散がほとんど生じない充填材料を得ることができます。

この耐水性軽量繊維質モルタルを使用し注入充填を行う工法が『セルクリート工法』です。

いままで困難とされていた滞留水のある管内への充填、200mを超す長大管の注入等の施工を可能にしました。

セルクリート工法の特性

『セルクリート工法』の注入材料は、繊維質混和材と独立気泡との相乗効果による次のような特性があります。

耐水性
水中での材料分離がほとんど無いため、滞留水がある内空への確実な注入が可能。
流動性
分離特性・流動性に優れ、長距離圧送・狭小部への充填が可能。
施工性
材料分離が無く、流動性に優れているのでホースの詰まりが無い。
高い注入圧力を必要としないので、外圧管の破損、周辺地盤の隆起、注入材の地表面への噴出等に対処できる。
確かな品質

滞留水を含む管内に注入後の各断面

  • ■セルクリート工法

    ブリージングが起きていない。
    均一の密度を保ち、水との接触による気泡の消滅・骨材の分離が見られない。

  • ■エアモルタル

    材料分離・材料沈下が起こり気泡が減少して上部に空洞が出来る。
    骨材の大きい物が下に沈下しているのが見られる。

  • ■エアミルク

    材料分離・材料沈下が起こり気泡が減少して上部に空洞が出来る。
    水より軽いため、下にも空洞が出来る。

優れた施工性

専用の攪拌機やアジテーター、グラウトポンプなどにより行い、大規模な現場はもちろん小規模のグラウト注入現場でも、車上プラントによる施工が可能なため、即日解放が可能です。

  • 施工は、攪拌・注入設備一式を組み込んだ車上プラントによる方法と生コンクリートプラント方式による二種類の方法があります。
  • 設備の設置撤去作業が簡略化されるため、作業帯の即日開放が可能です。
  • 注入材は、時間経過にともなう材料特性の変化が極めて少なく、流動性を長時間保持します。
    これにより、500m 以上の圧送 が可能であり、離れた箇所への注入、長スパンの管充填 を確実に施工することが出来ます。
  • 車上によるプラント

  • 気泡投入

  • 材料撹拌状況

  • フロー値による流動性の確認

  • セルクリート注入

  • ブロー確認・充填完了

セルクリート工法と施工例の紹介